最近の記事
2018年03月23日

【サッカー上手くなる練習】城彰二DVD動画うまくなるには?上達法

サッカー上手くなるには、練習トレーニングですよね。
でもどうやったら?もっとうまくなれる?
さらに上を目指してサッカーに取り組みたい。
活躍したい、将来プロサッカー選手になりたいって人多いはず。
20180323_sakka1.jpg

日本代表選手は、海外のリーグで
強豪チームで活躍しているのをみると

サッカーってすごい魅力的なスポーツですよね

うまくなりたい。強くなりたい。
有名になりたいって
思いながらクラブに、サッカーに打ち込んでいる人多いはず

練習トレーニングで
もっとうまく、上達できるはず。

元日本代表選手で
海外リーグでも
Jリーグでも活躍した
城彰二選手の上達方法を動画で見れるんです。

どんな違いが?いつもの練習と?

サッカー上達で悩む人達は、表面的なことにとらわれすぎていて、本質が見えない(たわごとに振り回されている)ということに、気づいていないという点です。

例えばこんな風に思う方いませんか?

「サッカースクールに通っているのに上達できないのはなぜ!?」

一般的にサッカースクールの練習内容は、まずランニングをして、その後アップ、そしてパスやドリブル、シュートなどの基本練習や応用練習をして、最後にゲームをする。大まかに言ってこんな流れではないでしょうか?

もちろん、これが悪いということではありません。様々なトレーニングや練習を行うので、サッカーの基本的な技術はある程度身に付きますから、上手くなる子は上手くなります。

しかし、学校の授業と同じように、同じ空間で同じ内容のことを同じ時間学んでいても、勉強ができる子とできない子に差が生まれますよね。その結果、勉強が得意な子はどんどん伸びますが、勉強が苦手な子は置いていかれてしまいがちです。

これは限られた時間の中で、先生一人が生徒何十人も同時に教えなければならないため仕方のないことです。その中で先生はどうやったら皆に理解してもらえるのか、日々努力し、追求しているのです。

サッカーも同じでみんなと同じ練習をしていても、「試合に出してもらえない」「レギュラーになれない」ということがあって当然のことなのです。

一人一人勉強も練習も吸収するのにかかる時間はバラバラです。さらに、上手な子は、元々才能があるという場合もありますが、自分で自然と効率の良い方法をみつけ、努力をしています。ですから、勉強が得意な子は効率の良い方法を見つけるのが上手かったり、塾や家でも周囲よりも多くの時間をさいて勉強しています。

上手な子、伸びる子は、サッカースクール以外でも毎日のように独自で効率の良い練習をしているから上手くなるのです。

もう一つの理由は、サッカースクール指導者のほとんどは、本当に効果が高いトレーニングを知らない場合が多いです。

独学や自分の経験、一般的な知識で練習メニューを組んでいたり、ただむやみに練習量が多かったり、実際の試合の中では滅多にないシチュエーションの練習がほとんどです。

先ほどお話したとおり、僕はサッカー解説もしているため、Jリーグの練習も見学に通い、トップチームのトレーニングを学んでいますし、Jリーガー時代に行ってきたトレーニングや、現在指導者として学んでいるトレーニングもたくさんあります。

これらの経験・知識から編み出したトレーニングを、サッカースクールで子供たちに実際にやらせてみて、子供たちにとって効果の高いトレーニングを選びました。

そんなサッカー上達のために欠かせない要素がたくさん入った、城彰二のサッカー上達法をあなたにもわかりやすくお伝え致します。

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

日本代表選手みたいに

あの選手みたいになりたい

将来は

プロになってサッカーをがんばりたいって


まず練習トレーニングを見直してみないと


posted by サッカー上達 at 04:14 | 城彰二サッカー上達法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
元Jリーガー サッカー上達法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。